スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【洗脳】是非の判断基準が「みんなに合わせることが正しいことだ」と履き違えている人々!【『朝日新聞2013年7月27日(土)』ストリートミュージシャンの外山恒一さんと北海道大学准教授吉田徹さん】

 
 「みんなに合わせることが正しいことだ!」と洗脳されやすい人が多過ぎるからねぇ!
 
〓〓〓〓〓
 
自分が愛されてる証拠【洗脳】
 http://love6.2ch.net/test/read.cgi/furin/1193080091/
「諸君」「正論」「WiLL」「嫌韓流」等に洗脳される馬鹿6
 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1221161112/
【催眠】操りものの漫画・小説【洗脳】11
 http://set.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1208494402/
催眠・洗脳・操りスレッド
 http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/gaypink/1210414045/
【業績主義】洗脳されたポスドク達【IF至上】
 http://science6.2ch.net/test/read.cgi/life/1204198024/
超管理社会の到来/見えない洗脳
 http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1136497533/
・・・洗脳された・・・
 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1200021605/
催眠や洗脳で女の子が操られるアニメ
 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1098827664/
女はマスコミに洗脳されやすいマヌケな生物
 http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1152280647/
なんで女は洗脳されやすいのか?
 http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/wom/1168674608/
日本人の洗脳を解く
 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/northa/1208426494/
 
 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
 
オピニオン
2013参院選、勝った者は誰だ
 
 選択肢なき選挙
 社会は変わらない
 民主主義は万能か
 活動家・外山恒一さん
 とやまこういち。1970年生まれ。福岡県在住。ストリートミュージシャン。高校中退後に、反管理教育運動で注目を集める。著書に『青いムーブメント』など。
 
 覚えていますか。2007年の東京都知事選。石原慎太郎氏3選が確実視されることでの白(シラ)けた空気の中で、政見放送で「外山恒一にやけっぱちの一票を!じゃなきゃ投票なんかに行くな!どうせ選挙じゃ何も変わらないんだよ!」と訴え、世間を驚かせ笑わせたあの人を。あれから6年。盛り上がらない参院選の最中(さなか)に、彼は日本を縦断していました。
 
--  参院選は、自民党の圧勝でした。
外山恒一  いや、勝った者は、棄権を呼び掛け投票率ダウンを推進して来た我々です。棄権率は47.39%で戦後3番目の高さ。選挙なんか多数派のお祭りだ、選挙で何かが変わると大間違いだと言うことでの私達の主張が、やっと理解されつつあります。
--  いずれにしても何が選ばれたのかが分からない選挙でした。
外山恒一  よりマシってことでしょう。自民党が、民主党を始めとする他党よりも。経済?憲法改正?原発?全然争点になっていない。問われたことは、自民党政権にイエスかノーかだけど、ノーの人の選択肢は事実上はないと言うことでの、凄い選挙です。
 
 まさに、これが民主主義です。選挙では提示された選択肢の中から、よりマシな方を選ぶしかない、政治とは悪さ加減の選択なのだと、リベラルな民主主義者はずっと言って来たんじゃないんですか。民主主義が機能した結果が、今後3年間は続く自民党1強体制です。
 
 選挙によって、人々の意思決定過程に参加させて貰(もら)ったかのように勘違いしがちですが、体制側の方針なんか最初から決まっているんです。多数決で決めれば多数派が勝つに決まっている。僕は多数決に反対しているんです。自民党圧勝を受け、「自民党は奢(おご)らず、少数意見にも耳を傾けるべきだ」なんて言っている人がいますが、何てお人よしなんでしょう。傾けるはずがありません。
--  しかし、当初は「主要候補」扱いをされていなかった山本太郎さんが当選したことは、自分の投票で政治を変えるのだと、一票の重みを信じて投票する人が大勢いたからでしょう。
外山恒一  いい話ですね。気休めにはなります。でも膨大な死票が出る小選挙区制で実感することができることは「一票の軽み」です。そんな制度に変えておきながら、投票に行かない人間は民度が低いと批判する。矛盾しています。
 
 山本太郎さんが国会議員としてやれることには限界があるのでしょう。衆参国会議員を合わせて722人分の1ですから。選挙で何かが変わると期待するだけ無駄です。
--  要するに、有権者は消費者ではない、もっと賢くなれと言うことですか。意外と普通ですね。
外山恒一  いや、有権者は消費者ですよ。それでいいんじゃないんですか。今日は何を食べようかとか損したとか得したとか言いながら一生を終える。政治なんかに興味を持たずに暮らせることはいい社会です。賢い有権者になれ、なんて余計なお世話です。賢くなれと有権者を叱咤(しった)するよりは、選挙権を免許試験制にして、例えば、100点を取ったら100票、20点なら20票と、賢さによって差を付ければいい。
 
 
 一票は、群れてこそ居きる
 北海道大学准教授・吉田徹さん
 よしだとおる。1975年生まれ。専門はヨーロッパ比較政治、フランス政治史。著書に『ポピュリズムを考える』『二大政党制批判論』など。
 政治家に「争点隠し」を止(や)めよ、といくら訴えても、それが利得になる構図が続く限り、耳を貸すはずがない。
 残念なことに、有権者の一票で政治が変わると言うことも幻想に過ぎない。どんなに共感しようとも、当選しそうもない候補に投票しないことも、勝ち目のにいことが分かっているからだ。有権者の一票は限りなく軽く、時々の政治状況から逃れることもできないのだ。
 政治家グラムシは、合理的な思考は「個人的な運動」しか生まず、「主観的な物」への移行こそが「闘う場」を形成すると説いた。政治とは共同体に係る営みのことだ。だから市民は自分が何を欲しているかが分かっていなければならないだけでなく、仲間や同志を作る必要性に迫られる。私の一票は群れてこそ、初めて活(い)きる。政治は、それゆえに恐ろしく、また、希望と可能性に溢(あふ)れているのだ。
 
 ===朝日新聞2013年7月27日(土)===
 
【『朝日新聞2013年7月27日(土)』ストリートミュージシャンの外山恒一さんと北海道大学准教授吉田徹さん】
 
スポンサーサイト

麓累計訪問者数

麓現在来訪中者数

現在の閲覧者数:
風光明媚左域
プロフィール

耶馬

Author:耶馬
FC2ブログへようこそ!

リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12404位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
709位
アクセスランキングを見る>>
FC2投票
右上端累計訪問者数
右上端現在来訪中者数
現在の閲覧者数:
風光明媚右第壹域
風光明媚右第貳域
風光明媚右第參域
風光明媚右第四域
風光明媚右第伍域
風光明媚右第六北域
風光明媚右第六南域
風光明媚右第七北域
風光明媚右第七南域
風光明媚右第八北域
風光明媚右第八南域
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。